◆カメラ-デジタル一眼レフ

2009年11月28日 (土)

ガラスの装甲。

N3a_8212  
 ニコンD90のレンズが粉砕。
 久々のショッキング映像でござる。
 
N3a_8224  
 実際に割れたのはレンズ・プロテクトフィルターでござった。
 割れた原因は不明。
 落下でもなければ、衝撃も感じず。
 ふと見ると割れていたのでござる。
 
 まさに不慮の出来事なり。
 
N3a_8228
 フィルター撤去後の惨状。
 一見すると、レンズ前玉も大被害に見えるが、これは全てフィルターの破片。
 
 逆さにして大きな破片を落とし、次にブロア、最後にブラシ、と丁寧に清掃すると、前玉は全くの無傷でござった。
 
 護られたレンズは【AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G】
 
N3a_8225  
 護ったフィルターは【ケンコー PRO1D PROTECTION (W)】。
 名前に“PRO”が二回も付いているだけあって、良い仕事をした。
 
 もっとも、NIKKOR 35mm F1.8Gの前玉は奥まっているから、フィルターがなければ何も何事もなかったかも知れない。つまり身代わりにレンズを護ったのではなく、一人ゴケの疑いもござる
 
 だとしても、身を挺して任務を全うしたPRO1D PROTECTION (W)の英雄的行為には、感謝を捧げるべきと存ずる。
 
 
 これは今年二月の出来事にて、当時は何となくアップロードしそこねた寫眞でござる。映像的にインパクトがあるので、あらためて掲載した次第。
 
 
 
●寫眞をクリックすると、ガラスの英霊を拡大できるでござるよ。 
 
 

・camera = Nikon D300
・lens = Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8DNikon
・finish = Adobe Photoshop CS3
 

(080220 東京都三鷹市)
 
 
                          080605bb_b    
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

太陽に吠えるが如く、

       P7160155        
 キヤノン砲にて、空を撃ち続ける男。
 
 
 
 
 
(OLYMPUS E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /東京都武蔵野市 090716)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

プロが貴方を撮ります。

Dscn1425
 去年のお正月のことだからかれこれ一年三ヶ月前のことでござる。
 雑誌などでお馴染みの写真家・桃井一至氏が吉祥寺ヨドバシカメラのイベントに登場。
 「壱万円以上お買い上げのお客様をプロが撮ります。」という趣向。
 
Dscn1430
 素人モデルにテキパキ指示を与える桃井氏。
 桃井氏だけにシャツが桃色なのも見逃せないポイントなり。
 
Dscn1431
 桃井氏は大柄で、発売間もないNikon D3を軽々と取り回していたのが如何にもプロ的風情。
 閉店間際、当初の「壱万円以上お買い上げ」というルールは消え、「どなたでもプロが撮りまーす。」ということに。
Dsc_8242 
 折角なので拙者も撮って頂いたでござるよ。

 撮影後、待つこと数分。エプソンのプリンター出力を頂戴した。
 エプソンとのコラボ企画か。
 撮影、プリント全て無料。
  
 
 
 
 
●寫眞をクリックすると撮影イベントを拡大できるでござるよ。 
 
・camera = Nikon COOLPIX P5100
・finish = Adobe Photoshop CS3
(080103
東京都武蔵野市)
 
  
                     080605f_b 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

初めてのキヤノン。またはクラシックレンズ専用デジタル一眼。

Dsc_7664
【花畑四十郎。のキヤノンデビュー、事の次第】
 二〇〇六年初春の頃、ニコン・デジタルの歴史的名機・D200を手に入れて以来、三年近くの間ニコンシステム中心の撮影生活を送ってきた拙者でござるが、ついにキヤノン・デジタル一眼レフを購入いたした。
 
 この十二月のことでござる。
 
 拙者、かねてからクラシックカメラ・レンズに興味を持ち、しばしばレチナやら旧ソ連ものなど嗜み、またコシナ・ベッサフレックスを通じて、M42スクリューマウントなども楽しんで参ったのでござるが、フィルム撮影はスキャンなどの手間が大きい。
 その手間も含めてフィルムの楽しみであること重々承知でござるが、拙者のような怠惰な人間は足が遠のきがちになる。それに最新レンズを使うデジタル一眼と同じ土俵の上でクラシックレンズを使ったらどう写るか?という興味もござる。
 
 かくしてデジタル一眼でクラシックレンズを・・・という思いはつのったのでござる。
 
 その時どこかから声が聞こえた。

 「マウントアダプター・・・」。
 
 これこそ、カメラの神の啓示でござる。しかし、我がニコンFマウントはマウントアダプター向きではない。この分野はフランジバックの短いキヤノンEOS、そしてフォーサーズでござるが、画角が三十五ミリ換算で二倍になるフォーサーズは気が進まない。クラシックレンズは五十ミリ標準レンズが中心なれば、ニコンDXフォーマットの一.五倍でも不自由なのでござる。
 
 そこで俄然浮上するのがキヤノン。それも35ミリフィルムファイズと同等のEOS 5Dでござる。時あたかも新型・EOS 5D Mark IIの発売によって、初代EOS 5Dの中古価格は暴落。
 
 十二月初旬時点で、中古良品ボディが十三万円台というお買い得相場。夏頃調べたときは、記憶が曖昧でござるが二〇万円台半ばであったと思う。半値近い暴落でござる。移り変わりの速いデジタル時代に、三年間の長きにわたって普及版フルサイズ機の孤塁を守ってきたEOS 5Dもついに旧式の仲間入り。
 
 拙者の迎えたEOS 5Dは、新宿マップカメラにて中古並品付属品なし八万五千円。EOS 5Dが発売されたのが二〇〇五年九月二十八日。当時の新品価格が四十万円弱なれば、実に四分の一以下のダンピング。ヤフーオークションでも出会えないお安さでござる。
 
 拙者、この大値崩れの恩恵によりとうとうキヤノンデビューを果たしたのでござる。
 
Dsc_7661
【勢いやまず、30Dまでも】
 EOS 5Dの背後にもう一台のキヤノン。
 これはAPS-C機のEOS 30D(二〇〇六年三月一八日発売)でござる。

 ミラーの大きい5Dでは、レンズによってはミラーが引っかかって使えない(ミラー干渉)ことがわかり、急ぎAPS-C機を物色。操作系が5Dと類似した30Dをオークションにて三万一千円にて落札。
 いずれもかつての愛機・ニコンD200のライバルと目されたデジタル一眼レフの名機と言って差し支えない強者達でござる。
 D200を使い始めたときは、寫眞雑誌にて性能比べにしのぎを削るこの二機種をともに手にする時が来るとは、夢想だにしませなんだ。
 
Dsc_7699
【これがほんとのハンザキヤノン】
 早速手に入れたマウントアダプターはハンザ製M42/EOS用。

 このハンザというブランドは、一九三六年にキヤノン最初のカメラを販売した近江写真用品(株)の商標でござる。当時のキヤノンは精機光學研究所といって、カメラの販売能力を持たない小さな会社でござった。そこで近江屋に販売を委託し、初号カメラの名前は近江屋写真用品の「ハンザ」と精機光學の商標「カンノン」を折中して『ハンザキヤノン』となった。
 
 そして今、七十二年の時を経て拙者の手元に“Canon”と“HANSA”の名前が並ぶ。ただし、その立場は大きく逆転している。零細であったキヤノンは日本を代表する国際企業に成り上がり、一方近江屋写真用品は二〇〇四年十月に解散した。フィルム関連事業の急速な落ち込みが原因と云う。此のハンザ・マウントアダプターは近江屋から商標を引き継いだハンザ株式会社から発売されているのでござる。
 近江屋写真用品の歴史は引き継がれているのでござるなあ。
 
 
●絞り開放で撮ったデジタルM42
 クラシックレンズとはいえ、F8程度まで絞り込めば現代のレンズと変わらぬ綺麗な写りでござる。レンズの味をもとめるなら絞り開放でこそ。
 以下、最近撮ってみた絞り開放の寫眞を少しご紹介。

Img_1632
 『aus Jena Pancolar 50mm F1.8』
Dsc_7664_2  ツアイスのパンカラー(パンコラー)。さすがはツアイス。絞り開放でも現代的な写りでござる。デジタルカメラの絵作りと相性が良きように感じ申した。
 
 iso =100, exposure =1/2500s at f/1.8, Manual
 
 






Img_0802
 『INDUSTAR-50-2 50mm F3.5』
 
Dsc_7656_2  旧ソ連製のインダスター50-2。とても小さく薄いパンケーキレンズ シャープさ、発色ともに際立った特徴はないが、開放値が暗めなのでかえって大きな破綻もない。見かけによらず堅実な印象の写りでござる。
 敢えてフードを付けず、ハロを楽しむが良い。
 
 iso =200, exposure =1/125s at f/3.5, Aperture Priority
 
 
 
 
 
 
Img_1348
 『HELIOS-44 -2  58mm f2.0』
Dsc_7642   旧ソ連・ヘリオス44-2でござる。順光では現代的な写りばれど、ほんの少しでも逆光気味になると、たちまち「霧につつまれたハリネズミ」的映像となる。
 
 iso =100, exposure =1/160s at f/2, Manual
 
 
 
 
 
 
 イオス・デジタルにクラシックレンズ。
 突如巻き起こったマイブームは、当分続きそうでござる。

 ポートレイトもこれで撮ってみとうござる。

 
●寫眞をクリックすると、拙者のマイブーム(沼とも言う?)を拡大できるでござるよ。 
 
 
 
 
 

 
 
 
                     080613b 
 
 
 
 
 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

シグマに取って代わったニッコール。

Dsc_7616
 D700における主力レンズだったSIGMA 24-60mm F2.8 EX DGは、石垣島で大破。
 
 元々拙者はニコンDXフォーマット(所謂APS-Cサイズ)にて主力システムを組んでおり、ポートレイトなどはシグマの大口径標準ズーム(SIGMA DC18-50mm F2.8EX MACRO HSM)を頼りにしていたのでござるが、D700導入により、急遽FXフォーマット、通称フルサイズの大口径標準ズームが必要になって、当座の繋ぎとしてシグマ24-60 F2.8を採用したのでござる。
 
 シグマ24-60 F2.8を選んだ理由は、
 
【壱】コンパクトであること。
【弐】24mmスタートであること。
【参】比較的安価で導入しやすい。
【四】シグマレンズへの信頼。

 等でござるが、発売が二〇〇四年とやや古く、シグマから新しい24-70 F2.8の発売がアナウンスされていたこともあって、それまでの「暫定主力レンズ」の積もりで買い入れたのでござる。
 なにしろ、新型のシグマ24-70 F2.8は光学系一新、小型で超音波モーター装備でござる。
 この分野はニコンのAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDが大本命であること重々承知でござるが、実売二〇万円以上の上、大きく重く、拙者には縁のないレンズと見ていたのでござる。
 
 しかし、シグマ新型の発売日が決まらないうちから、暫定王者は故障者リスト入り。そして十二月は撮影ラッシュでござる。
 
 修理に出したものの復帰は不明、本命シグマ24-70 F2.8は発売日未定、といって繋ぎ役の24-60 F2.8をもう一本買うのも不毛でござる。

 拙者此処に至ってついに、無縁と思われたニッコール24-70mm F2.8Gの導入の意を決したのでござる。
 
 コレも運命なり。
  
Dsc_6810
 そして、コレがそそり立つAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDでござる。
 
 確かに大きいが、実際にD700に装着してみるともてあます感じはなく、九〇〇gの重量も感じさせないバランスの良さでござる。
 
 スペックから抱いていた『大きく重く取り回しが悪い』という先入観は全くの杞憂でござった。
 
 画質もさることながら、暗所での「AFの効き」がシグマよりもずっと良いように感じられてござる。これは感覚的なもので、計測したわけではないので確証はないが、どうもそう思われてならないのでござる。

Dsc_7620
 ニッコール24-70mm F2.8Gはシグマ24-60mm F2.8よりかなり長いが、鏡筒自体はむしろ細い。
 フードは怖ろしく巨大なれど、撮影時はフードに手を添えると安定して好都合でござる。

 上の寫眞、両レンズ前玉をご覧あれ。
 ニッコールの前玉は光が当たらず真っ黒。一方シグマは反射が写り込んでござる。これが実写に悪影響あるは明白。
 
 フードの遮光効果は大きさに見合ったものとわかるのでござる。
 
Dsc_7623
 拙者の標準ズーム三兄弟でござる。

 向かって左から
 タムロン28-75mm F2.8(TAMRON SP AF28-75 F2.8 XR Di LD)、
 シグマ60-70mm F2.8、
 ニッコール24-70G F2.8。

 それぞれ微妙に違う焦点距離。屋外ではコンパクトでテレ側が長いタムロン、スタジオでは高性能のニッコール。
 
 さてこうなると、復活なったシグマの処遇は実に微妙なのでござる・・・。
  
 
 
 
●寫眞をクリックすると、FX対応大口径標準ズームをを拡大できるでござるよ。 
 
 
 
 
 

 
 
 
                     080613b 
 
 
 
 
 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

大惨事!まっぷたつにヘシ折れたレンズ。

P1010959
 それは今を去ること一ヶ月と少し前のこと、悲劇は石垣島のホテルで起こったのでござる。
 食事中、拙者の不注意でD700を椅子から落としてしまった。
 嫌な音がして、D700は液晶モニター側を下にして落下。
 
 推定落差約42糎(cm)。
 
 「あっ」という間もあらばこそ、装着したレンズ・シグマ24-60(SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG)は見事に真っ二つ。
 
 D700本体はボディ角の塗装がわずかに剥がれ、液晶保護カバー小キズがついたのみで(付けてて幸いなり!)ほとんど無傷。さすがはニコン、その堅牢無比なことを此処でも証明したのでござるが、シグマ24-60には気の毒でござった。
 
P1010964
 レンズはマウント部をボディに残して分離。
 落下の衝撃を一身に受けてD700本体を護ったのでござる。
 天晴れシグマ24-60の犠牲精神。
 
P1010961
 こちらレンズ本体側。わずかに三カ所の強化プラスチック製ヒンジで留まっていたのが、全て折れてござる。
 
P1010963
 折れた部分のアップ。
 AF操作用のギアなど、なかなか見られないある意味貴重な映像でござる。
 
 
 Dsc_7616_3
 そして十二月半ば、修理から帰ってきたシグマ24-60。修理代2万いくらは全てヨドバシカメラのアフターサービスポイントで賄えた為、有り難くも支払い無料でござった。
 
 しかし一ヶ月ブランクは大きうござる。
 我がD700の主力レンズの座は、急遽補強されたニコン製に取って代わられていたのでござる。
 その詳細はまた次回。

















       

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

食っちゃうゾ。

Dsc00680
 簡素なオープンテラスの店にて、
 ガッツリ善き食いっぷりを見ゆ。
 天晴れ日本男児なり。

 
 
 
 
●写真はクリックで拡大でき候。

・camera = SONY(ソニー) α350 "Alfa SANGOROU"
・lens = MINOLTA (ミノルタ) AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5 D
・Iso = 100
・Exposure = 1/160s at f/7.1


・finish = Photoshop CS3
(080429東京都世田谷区~東急世田谷線沿線)

「ナイス・ガッツリ。」と思われた方はクリックを→◆人気blogランキング
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

郵便やさん・新聞やさんありがとう

Dsc00889
 かつて住んでいたであろう、やさしき心遣いの人。
 その残滓。

 
 
 
●写真はクリックで拡大でき候。

・camera = SONY(ソニー) α350 "Alfa SANGOROU"
・lens = MINOLTA (ミノルタ) AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5 D
・Iso = 125
・Exposure = 1/160s at f/4.5


・finish = Photoshop CS3
(080429東京都世田谷区)

「もの悲し。」と思われた方はクリックを→◆人気blogランキング
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

紫色のすれちがい。

Dsc00830
 線路端、紫色の花ありて、
 ムラサキ電車、風を巻いて駆け抜ける。

 
 
 
 
●写真はクリックで拡大でき候。

・camera = SONY(ソニー) α350 "Alfa SANGOROU"
・lens = MINOLTA (ミノルタ) AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5 D
・Iso = 100
・Exposure = 1/250s at f/5.6


・finish = Photoshop CS3
(080429東京都世田谷区~東急世田谷線沿線)

「可憐だ。」と思われた方はクリックを→◆人気blogランキング
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

名人!宙に舞う。

Dsc_6359
 街路樹の剪定をする職人殿。地上7メートルの高所作業なり。

Dsc_6354

 右に左に身軽な挙動は天晴れ名人芸。

Dsc_6351
 下では相棒が掃除をすなり。懐かしき竹の熊手。

 
 
 
 ●写真をクリックすると拡大できるでござるよ。
 
 
「まっことご苦労様ですたい。」と思われた方、クリック下され。→◆人気blogランキング◆ 

★DATA★
・Camera = Nikon D40 "Major General ROMMEL"
・Lens = JUPITER-9(ЮПИТЕР-9) 85mm/f2.0 -Nikon F Mount reconstructed-
・Iso = 200
・Exposure = [photo 1]1/200s, [photo 2]1/250s, [photo 3]1/200s
・Exposure Mode = Manual
・Finish = Adobe Photoshop CS3
(080326東京都三鷹市)
 
 
 

 
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

◆カメラ-デジタル一眼レフ | ◆カメラ-全般 | ◆カメラ-旧ソ連・ロシアカメラ | ◆カメラ-銀塩カメラ | ◆スポット-公園 | ◆スポット-工事現場 | ◆スポット-廃墟 | ◆スポット-歴史的建造物 | ◆スポット-海 | ◆スポット-神社仏閣 | ◆スポット-街角 | ◆スポット-観光地 | ◆スポット-駅 | ◆ネイチャー-全般 | ◆ネイチャー-夕陽・夕日 | ◆ネイチャー-植物 | ◆ネイチャー-空 | ◆ネイチャー-花 | ◆ネイチャー-雨 | ◆メカ-乗り物 | ◆メカ-全般 | ◆メカ-兵器 | ◆メカ-楽器 | ◆メカ-自転車 | ◆メカ-船 | ◆メカ-鉄道 | ◆人物-あんちゃん | ◆人物-おじさん | ◆人物-おねーさん | ◆人物-おばさん | ◆人物-全般 | ◆人物-子供 | ◆人物-有名人 | ◆人物-老人 | ◆人物-酔っぱらい | ◆他-おもしろ物体 | ◆他-イベント | ◆他-スポーツ | ◆他-テクスチャ | ◆他-パノラマ的景観 | ◆他-ポートレイト | ◆他-事件・事故 | ◆他-看板・貼り紙 | ◆他-酒 | ◆他-野球 | ◆他-飲食物 | ◆國-アメリカ | ◆國-ドイツ | ◆國-フランス | ◆國-中国 | ◆國-外国いろいろ | ◆國-韓国 | ◆季節-冬の写真 | ◆季節-夏の写真 | ◆季節-春の写真 | ◆季節-秋の写真 | ◆生き物-全般 | ◆生き物-犬 | ◆生き物-猫 | ◆生き物-馬 | ◆生き物-魚 | ◆生き物-鳥 | 【Gショックデジカメ】CASIO EXILIM G EX-G1 | 【アグファ オプティマ 335】AGFA OPTIMA 335 | 【アレッテ 1C】Arette IC | 【イコンタ520】ZEISS IKON IKONTA520 | 【ウエルタ・ウエルチックス】Welta Weltix | 【エキザクタVX】Ihagee Exakta VX,エクサクタ | 【エクサ0】Ihagee Exa 0 | 【オリンパス 35 DC】OLYMPUS 35 DC | 【オリンパス OM-1】OLYMPUS OM-1 | 【オリンパス・ペンEED】OLYMPUS PEN EED | 【オリンパス・ペンS】OLYMPUS PEN S | 【オリンパス・ペン・デジタル】OLYMPUS E-P1 | 【オリンパス・ワイドII】OLYMPUS WIDE II | 【オリンパス・ワイド】OLYMPUS WIDE | 【キヤノン イオス30D】CANON EOS 30D | 【キヤノン イオス5D】CANON EOS 5D | 【コダック・レチナIIc】Kodak Retina IIc | 【コニカ SIII】KONICA SIII (S3) | 【コンタックスT3・京セラ】CONTAX T3 | 【シーガル=海鴎】EAGULL,中国・二眼レフ | 【ゼンザブロニカ S2】zenza BRONICA S2 | 【ソニー α350】SONY α350 | 【ツァイス・イコン・イコネッテ】ZEISS IKON ikonette | 【ディマージュA200】KONICA MINOLTA DiMAGE A200 | 【ニコマート FTn】Nikkormat FTn,Nikomat FTn | 【ニコン D200】Nikon D200 | 【ニコン D300】Nikon D300 | 【ニコン D40】Nikon D40 | 【ニコン D700】Nikon D700 | 【ニコン D90】Nikon D90 | 【ニコン FG-20】Nikon FG-20 | 【ニコン FG】Nikon FG | 【ニコン・クールピクスP5100】Nikon COOLPIX P5100 | 【ハッセルブラッド500C/M】HASSELBLAD 500C/M,ハッセルブラード | 【バルダ・スーパーバルディナ】Balda Super Baldina | 【バルダ・バルディネッテ】Balda Baldinette | 【パナソニック・ルミックスG1】Panasonic LUMIX DMC-G1 | 【パナソニック・ルミックスGH1】Panasonic LUMIX DMC-GH1 | 【パナソニック・ルミックスLX3】Panasonic LUMIX DMC-LX3 | 【フォクトレンダー ビトーB】VOIGTLÄNDER VITO B,フィトー | 【フォクトレンダー ビトーIIa】VOIGTLÄNDER VITO IIa,フィトー | 【フジペットEE】FUJIPET EE | 【フジペット】FUJIPET | 【ベッサフレックスTM】Bessaflex TM | 【ペトリ・ペンタV6】PETRI V6 | 【ペンタックスSP】ASAHI PENTAX SP | 【マミヤM645】Mamiya M645 | 【ミノルタ A-2】minolta A-2 | 【ミノルタ AL-E】minolta AL-E | 【ミノルタ SR-1】minolta New SR-1 | 【ミノルタ SR-7】minolta SR-7 | 【ミノルタ α8700i】MINOLTA | 【ミノルタコード】Minoltacord | 【ミランダ DR】Miranda DR | 【ミランダ・センソレックス】MIRANDA SENSOREX | 【メオプタ・フレクサレット6】Meopta Flexaret automat VI | 【メオプタ・フレクサレット7】Meopta Flexaret automat VII | 【ヤシカ J-5】YASHICA J-5 | 【ライカM3】Leica M3 | 【リコーGR DIGITAL】RICOH GR DIGITAL | 【旧ソ連・キエフ-60】Kiev-60 | 【旧ソ連・キエフ10】KIEV-10 ABTOMAT | 【旧ソ連・クリスタル】Kristall | 【旧ソ連・スタート】Start (Смарм) | 【旧ソ連・ゼニット1】ZENIT 1 | 【旧ソ連・ゾルキー3M】Zorki-3M | 【旧ソ連・ゾルキー4K】Zorki-4K | 【旧ソ連・ゾルキー4】Zorki-4 | 【銀塩フィルム各種】