◆國-ドイツ

2009年10月 7日 (水)

フランクフルト→ベイジーン→ナリタ。

P9243913
 ドイツ出張の帰途。
 雲多いながらも日差し強きフランクフルト空港でござる。
 
P9253920
 約十時間余後、乗り換え空港のベイジーン、すなわち中國・北京でござる。
 太陽も霞む、ガスの多さ。
 気候か、それともかの有名な大気汚染か。
 
P9253922
 四時間余後の成田空港。
 北京とうってかわっての日差し。
 十五時間余り過ごした、中国機に別れを告げて帰国致した次第でござる。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /フランクフルト空港 090924, 北京空港・成田空港090925)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

日独・ソーセージ男競演。

      P9213005     
 ミュンヘン郊外にて。
 スパイシーなソーセージを使った、ホットドッグ類の店・・・と存ずる。
 
 しかし、このセンスは如何なものか。
 
 青い瞳のソーセージ男を見ても、食欲は湧き申さず。
 日本人の拙者には理解不能のセンスでござる。
 
 と思いつつ、ドイツから帰国した拙者でござった。
  
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 /ドイツ・ミュンヘン市 090921)
 

      P9253923      
 が、帰国したら、成田空港にも青い目のソーセージ男が。
 ・・・日本人のセンス?
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /千葉県・成田空港 090925)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

市場の人造魚介類たち。

P9233818
 青き魚形のコレは、ゴミバコなり。
 お口にポン!が作法にござる。
  
      P9233819      
 シーフード店の看板娘ならぬ看板ロブスター。
 細部はモゲ放題なり。
 痛たた…って感じでござる。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /ドイツ・ミュンヘン市 090923)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

面妖なり、玉蜀黍おじさん。

      P9223221      
 ミュンヘンのオクトーバ・フェストにて。
 茹で玉蜀黍(トウモロコシ)を売る屋台でござる。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 /ドイツ・ミュンヘン市 090922)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

波打つ“おばさん”の翼。

    P9233661_2    
 第二次大戦・ルフトバッフェの航空機。ユンカースJu52。
 通称“Tante Ju”(ユンカースおばさん)の翼下でござる。 
 
P9233673
 最初期の金属ボディ飛行機。それ以前の飛行機は木製や布張りででござった。
 独特の波板は、軽量化と構造強度を両立させた、ナイス・アイデアルでござる。
 
P9233657 戦争中には旧式化したものの、「おばさん」と呼ばれて親しまれた機体でござる。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 /ドイツ博物館・ミュンヘン市 090923)
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

「遊んで犬」の濡れた欲棒。

P9213050
 猥褻な表題で恐縮でござる。
 
 ミュンヘン郊外の町工場の庭にいた犬。全身から「遊んでオーラ」放射中。
 棒を咥えて、さかんに拙者にアピールす。
 
P9213053
 棒は犬の涎でくまなく濡れそぼり、持つこともはばかられる有様。
 投げる振りをすると、犬のテンションは急上昇。
 投げた棒を拾って、すぐに取って返し、激しく再投擲を催促す。
 
 傍観していた小型犬まで参入し、大興奮の犬たち。
 
 五回ほど投擲の後も犬たち、益々ハイテンション。
 キリがないので、「チュース」とドイツ式挨拶をし、その場を去り候。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 /ドイツ・ミュンヘン市 090921)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

人類は美しきペンギンに進化する。

P9213009
 ミュンヘン中央駅のショウウィンドウにて。
 〝HUMAN DESIGN EVOLUTION〟と題されたポスターでござる。
 
 なかなかオシャレなれば、ペンギンに進化するのも悪くないと存ずる。
 ただ、肩が寒そうでござるな。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /ドイツ・ミュンヘン市 090921)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

新型ウニモグの消防車。

P9202888
 ドイツ・カッセル市消防当局の四輪駆動消防車でござる。
 その物々しき姿にカメラを向けたところ、消防隊員より「此なるは新型ウニモグなり」とドイツ訛り英語で告げられたり。
 
 
P9202887
 ウニモグは、ドイツの名だたるオフロード作業車にして、軍・官・民を問わず、広く使われる強靱な車輌なること、三歳の童子も知る。
 
P9202889_3  消防隊員殿、「新型ウニモグ、従来型よりも、左右のプレッシャーに強く、頼もしさ一層増したり」と誇らしげに語り候。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /ドイツ・カッセル市 090920)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

地球にやさしいバイエルン王。

P9233847
 ミュンヘン市、バイエルン州立歌劇場の前にそびえるは、マクシミリアン一世の像なり。
 バイエルン王国初代の王にして、『マックス・ヨーゼフ』の愛称で今なほ地元の人々に敬愛される王でござる。
 
P9233850
 そのマックス・ヨーゼフ王の右手には、ビールの紙コップと空き缶。
 
 没して一八〇年余、今なお人々に環境美化を訴える姿に、『世界に冠たる環境王国・獨逸の神髄、此処にあり』と、おおいに感心した次第。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8, M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 /ドイツ・ミュンヘン市 090923)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ドイツの犬と言えば、

      P9202880       
 やっぱり、ジャーマン・シェパード・ドッグでござるなぁ。
 デカくてコワモテの独シェパードでござるが、此奴はしつけ行き届き、気の良い犬でござった。
 
 拙者、近づきすぎて顔を舐められ候。
 
 
 
 
 
( OLYMPUS PEN E-P1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 /ドイツ・カッセル市 090920)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

◆カメラ-デジタル一眼レフ | ◆カメラ-全般 | ◆カメラ-旧ソ連・ロシアカメラ | ◆カメラ-銀塩カメラ | ◆スポット-公園 | ◆スポット-工事現場 | ◆スポット-廃墟 | ◆スポット-歴史的建造物 | ◆スポット-海 | ◆スポット-神社仏閣 | ◆スポット-街角 | ◆スポット-観光地 | ◆スポット-駅 | ◆ネイチャー-全般 | ◆ネイチャー-夕陽・夕日 | ◆ネイチャー-植物 | ◆ネイチャー-空 | ◆ネイチャー-花 | ◆ネイチャー-雨 | ◆メカ-乗り物 | ◆メカ-全般 | ◆メカ-兵器 | ◆メカ-楽器 | ◆メカ-自転車 | ◆メカ-船 | ◆メカ-鉄道 | ◆人物-あんちゃん | ◆人物-おじさん | ◆人物-おねーさん | ◆人物-おばさん | ◆人物-全般 | ◆人物-子供 | ◆人物-有名人 | ◆人物-老人 | ◆人物-酔っぱらい | ◆他-おもしろ物体 | ◆他-イベント | ◆他-スポーツ | ◆他-テクスチャ | ◆他-パノラマ的景観 | ◆他-ポートレイト | ◆他-事件・事故 | ◆他-看板・貼り紙 | ◆他-酒 | ◆他-野球 | ◆他-飲食物 | ◆國-アメリカ | ◆國-ドイツ | ◆國-フランス | ◆國-中国 | ◆國-外国いろいろ | ◆國-韓国 | ◆季節-冬の写真 | ◆季節-夏の写真 | ◆季節-春の写真 | ◆季節-秋の写真 | ◆生き物-全般 | ◆生き物-犬 | ◆生き物-猫 | ◆生き物-馬 | ◆生き物-魚 | ◆生き物-鳥 | 【Gショックデジカメ】CASIO EXILIM G EX-G1 | 【アグファ オプティマ 335】AGFA OPTIMA 335 | 【アレッテ 1C】Arette IC | 【イコンタ520】ZEISS IKON IKONTA520 | 【ウエルタ・ウエルチックス】Welta Weltix | 【エキザクタVX】Ihagee Exakta VX,エクサクタ | 【エクサ0】Ihagee Exa 0 | 【オリンパス 35 DC】OLYMPUS 35 DC | 【オリンパス OM-1】OLYMPUS OM-1 | 【オリンパス・ペンEED】OLYMPUS PEN EED | 【オリンパス・ペンS】OLYMPUS PEN S | 【オリンパス・ペン・デジタル】OLYMPUS E-P1 | 【オリンパス・ワイドII】OLYMPUS WIDE II | 【オリンパス・ワイド】OLYMPUS WIDE | 【キヤノン イオス30D】CANON EOS 30D | 【キヤノン イオス5D】CANON EOS 5D | 【コダック・レチナIIc】Kodak Retina IIc | 【コニカ SIII】KONICA SIII (S3) | 【コンタックスT3・京セラ】CONTAX T3 | 【シーガル=海鴎】EAGULL,中国・二眼レフ | 【ゼンザブロニカ S2】zenza BRONICA S2 | 【ソニー α350】SONY α350 | 【ツァイス・イコン・イコネッテ】ZEISS IKON ikonette | 【ディマージュA200】KONICA MINOLTA DiMAGE A200 | 【ニコマート FTn】Nikkormat FTn,Nikomat FTn | 【ニコン D200】Nikon D200 | 【ニコン D300】Nikon D300 | 【ニコン D40】Nikon D40 | 【ニコン D700】Nikon D700 | 【ニコン D90】Nikon D90 | 【ニコン FG-20】Nikon FG-20 | 【ニコン FG】Nikon FG | 【ニコン・クールピクスP5100】Nikon COOLPIX P5100 | 【ハッセルブラッド500C/M】HASSELBLAD 500C/M,ハッセルブラード | 【バルダ・スーパーバルディナ】Balda Super Baldina | 【バルダ・バルディネッテ】Balda Baldinette | 【パナソニック・ルミックスG1】Panasonic LUMIX DMC-G1 | 【パナソニック・ルミックスGH1】Panasonic LUMIX DMC-GH1 | 【パナソニック・ルミックスLX3】Panasonic LUMIX DMC-LX3 | 【フォクトレンダー ビトーB】VOIGTLÄNDER VITO B,フィトー | 【フォクトレンダー ビトーIIa】VOIGTLÄNDER VITO IIa,フィトー | 【フジペットEE】FUJIPET EE | 【フジペット】FUJIPET | 【ベッサフレックスTM】Bessaflex TM | 【ペトリ・ペンタV6】PETRI V6 | 【ペンタックスSP】ASAHI PENTAX SP | 【マミヤM645】Mamiya M645 | 【ミノルタ A-2】minolta A-2 | 【ミノルタ AL-E】minolta AL-E | 【ミノルタ SR-1】minolta New SR-1 | 【ミノルタ SR-7】minolta SR-7 | 【ミノルタ α8700i】MINOLTA | 【ミノルタコード】Minoltacord | 【ミランダ DR】Miranda DR | 【ミランダ・センソレックス】MIRANDA SENSOREX | 【メオプタ・フレクサレット6】Meopta Flexaret automat VI | 【メオプタ・フレクサレット7】Meopta Flexaret automat VII | 【ヤシカ J-5】YASHICA J-5 | 【ライカM3】Leica M3 | 【リコーGR DIGITAL】RICOH GR DIGITAL | 【旧ソ連・キエフ-60】Kiev-60 | 【旧ソ連・キエフ10】KIEV-10 ABTOMAT | 【旧ソ連・クリスタル】Kristall | 【旧ソ連・スタート】Start (Смарм) | 【旧ソ連・ゼニット1】ZENIT 1 | 【旧ソ連・ゾルキー3M】Zorki-3M | 【旧ソ連・ゾルキー4K】Zorki-4K | 【旧ソ連・ゾルキー4】Zorki-4 | 【銀塩フィルム各種】